屋根の塗り替えは高所での作業の為、

命の危険を伴います。

自分で塗替えするのは、

比較的安全な無落雪の屋根のみとし、

傾斜のある屋根は、村田塗料店にご相談ください。

 

塗装キットの使い方

 
 

1 塗装前の準備(養生ほか)

1.作業終了後に降雨、夜露の恐れが無いか確認する。(塗装後の乾燥時間を十分に確保するため)

2.塗料が着くと困るものに養生をします。

​ (主な使用品:車両カバー、養生シート、マスキングテープ、マスカー)

3.服装も汚れてよい物に着替えます。

 (主な使用品:使い捨て作業服)

2 塗装前の準備(素地調整)

1.大きなゴミを、ホウキなどで取り除きます。

2.サビトール等で屋根全体(塗装箇所)を擦ります。

(サビの発生している所は、サビを綺麗に取り除きます)​

​3.穴が開いている箇所にはコーキングを充填します。

(使用品:サビトール、サンドペーパー、研磨用工業パット、変性シリコンコーキング、コーキングガン、軍手

3 塗装前の準備(清掃)

ウエスで擦った後の粉やサビの粉を拭き取ります。

(使用品:ウエス

4 塗料の準備

1.バケット内容器をセットします。

2.缶を逆さにして動かし、塗料を良く撹拌する。

(綺麗な長い棒を用意して、缶の底から良く混ぜる方が良いです。)

3.蓋を開けて、塗料をバケットに適量入れます。

​4.塗料用シンナーを5%ほど入れて撹拌棒でしっかり混ぜます。

使用品:塗料、塗料用シンナー、撹拌棒バッケット内容器、ウエス​、綺麗な長い棒、皮しき、軍手)

5 塗装工程(説明)

1.下塗りから行う場合は、工程6下塗りから始めます。

2.下塗りを省略する場合は、工程8中塗りから始めます。

​3.上塗りのみを行う場合は、工程10上塗りから始めます。

6 下塗り(塗料:ハイポンファインプライマーⅡ)

1.ローラーで塗装しにくい、細かい箇所を刷毛で先に塗装します。

(主な使用品:筋違刷毛、ウエス、目地刷毛、軍手、塗装服

2.刷毛入れが終了後、ローラーで塗装します。

(主な使用品:ローラー柄、ローラー、ウエス、軍手、塗装服

​注意:1度に厚く塗らない様にしましょう。

7 乾燥

1.4時間以上7日間以内乾燥させます。​(23℃の場合)

注意:夏場(高温下)では、硬化反応が著しく速まるため、3日以内に次の工程に進んでください。

​   不可能な場合は、ペーパーをかけるなどの作業をして下さい。

8 中塗り(塗料:シリコンルーフⅡ)

1.下塗同様に、ローラーで塗装しにくい、細かい箇所を刷毛で先に塗装します。

(主な使用品:筋違刷毛、ウエス、目地刷毛、軍手、塗装服

2.刷毛入れが終了後、ローラーで塗装します。

(主な使用品:ローラー柄、ローラー、ウエス、軍手、塗装服

​注意:1度に厚く塗らない様にしましょう。

9 乾燥

1.2時間以上乾燥させます。​(23℃の場合)

注意:夏場(高温下)では、硬化反応が著しく速まるため、3日以内に次の工程に進んでください。

​   不可能な場合は、ペーパーをかけるなどの作業をして下さい。​

10 上塗り(塗料:シリコンルーフⅡ)

1.中塗同様に、ローラーで塗装しにくい、細かい箇所を刷毛で先に塗装します。

(主な使用品:筋違刷毛、ウエス、目地刷毛、軍手、塗装服

2.刷毛入れが終了後、ローラーで塗装します。

(主な使用品:ローラー柄、ローラー、ウエス、軍手、塗装服

​注意:1度に厚く塗らない様にしましょう。

11 乾燥

十分に乾燥時間時間を確保してください

12 養生材撤去

​養生材の撤去をします。

​(使用品:ゴミ袋、軍手)

13 手直し

​塗り残し等があった場合は、補修をしましょう。

(使用品:塗料、細い面相筆・小さい目地刷毛、ウエスマスキングテープ、軍手、塗装服

14 片付け(道具の手入れ)

1.バッケット刷毛等に付いた塗料をウエス・古新聞紙等で拭き取ります。できるだけ余分な塗料を落せば、シンナーの節約になります。

2.バッケトに塗装で使ったシンナーを入れます。
3.使用した道具を、色が出なくなるまで良く洗います。
4.塗料がある程度落せたら食器用洗剤と水でやさしく揉み洗いします。最後に水でよくすすぎます。
5.ウエス等で水分をしっかりと吸い取ったら毛を整え上向きにして、風通しの良い所で陰干しします。
(塗装業者さんは、刷毛保存容器を持っており、その中に油やシンナーを入れて刷毛を保存していたりします。

6.刷毛を洗浄したシンナーは、いらないウエスなどに含ませて乾燥させます。その後、燃えるゴミとして処分しましょう。

​7.余った塗料は、しっかりと蓋をして冷暗所に保管しましょう。

(使用品:使用した塗装道具、塗料用シンナー、ウエス・古新聞紙、軍手、塗装服

15 清掃

1.家の周りを確認して、ゴミ等が落ちていれば清掃します。

2.壁等に塗料が付着していた場合は、乾燥する前に塗料用シンナーで拭き取ります。

​(あまりしつこく擦ると、壁の色が落ちたりすることがあります。)

​(使用品:塗料用シンナー、ウエス、ごみ袋、軍手)

Please reload

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

飛沫感染防止板は(株)村田塗料店 011-769-3132